2014年05月31日

捻りなし止め打ち効果例


ローテ台の甘火曜サスペンス(等価店)
以前必殺仕事人 お祭りわっしょいで
注意された店  電サポ中に捻りなし

ショート×6=開いたら1発 最後閉じたら2発
ロング ×3=開いたら2発 最後閉じたら2発

1K=17回転 1R=60個計算 増減=6・77個
電サポ終了時までにヘソ保留4埋め
スルー無調整
電チュー周りや右側のこぼしはマイナス調整

1R=60個で増減なしだとボーダー17・9回転
電サポ増減なしで若干ボーダーを下回り−5500円
※1 保留3止め・ステージ止め・ストローク調整なしで
さらに2回転くらい落ちると思います この台を
下矢印.jpg

止め打ちで6・77個増やす&時短中にヘソ
保留埋めで日当25000円まで伸ばします

時間155回転×12時間計算=通常回転数1860
電サポ回転数は1860×0・47=874・2回転ほど

874・2回転×6・77個≒5918個
回転率はボーダー付近 止め打ちによって
期待値をだしています
増減なしと6000個弱の差ですが※1も合わすと
差はもっと大きい
火曜サスペンスのような技術介入が高い機種だと
これだけ差がつきます 勝つためにはまず止め打ちを
する意識が必要になります

こういった台は客の平均では±0 もしくはマイナスで
自分が打つ場合はプラスなので据え置かれやすい
連日打たない 同じ店にもう1台ローテ台確保
半日稼動でさらに据え置き率アップ
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ

posted by エルレボ at 23:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | パチンコで勝つには | 更新情報をチェックする

勝ちやすい機種の特徴(甘デジ)


誰が打っても(止め打ちなし)時給2000円の調整には
なかなかお目にかかれません
期待値のある台を見つけるポイントは
他人と差がつけられる台
言い方を変えると@1K/25回転の台は非常に少ないが
A1K/18・19回転くらいで玉増やし可能な台はある

3日間フル稼働 オヤジ打ち2人 止め打ち1人
@は25000 25000 45000 3日で95000円くらい
Aは    0     0 25000 3日で25000円くらい
0の部分がマイナスの場合も
だから@は存在しにくくAはさがせばある
見つけ方のコツは 止め打ち中級者への道
http://shinogushikanaui.seesaa.net/article/397053234.html
これが可能な機種ほど勝ちやすくなります
ブログ右下のカテゴリ’最近打っている機種’の釘を例に解説

捻りが効く機種
kachi3.jpg
見分け方は青で囲ってあるように屋根の部分があるか
ボーナス中の出玉が増える&さらに電サポ中玉増えも効果大

スルーの配置がいい機種
kachi1.jpg
赤矢印の向きに玉が流れますので非常に入りやすいです
この手のゲージなら多少マイナス調整でもスルー保留が
途切れないので中級手順のインターバル止めよりさらに
効果的な開放毎に合わせた上級者手順が可能となります
kachi2.jpg
火サスなんかもスルー保留が途切れにくいゲージ


電チューの配置がいい台
上部にあるほど有利な場合が多い
または電チュー近くまで玉がこぼれにくい機種
紫線の部分が釘ではないので削られません
電チュー付近まで玉が全てくるので釘読みも簡単
kachi4.jpg

賞球数が3の台 または2でも増やせるゲージ
1は増えないので高回転以外は打つことなし

出玉が少ない台
トラック野朗だと2C×16R×賞球10個で出玉が少ない
この手のスペックは少し増やせば期待値が跳ね上がる

振り打ちが効く台
よい例 電チュー周りにブロックする釘がありません
kachi6.jpg
悪い例 3本釘がブロック
kachi5.jpg

リーチが長い機種 電サポ率が高い機種
玉増えしやすい機種といえますがその分店も警戒心が強い
お助けタイム&2Rパカパカは少しだけプラス
ステージ癖がいい台 ボーナス間が長い機種
止め打ちするしないで回転力に差

これらの要素で絞り込むとブログ右下のカテゴリ
’最近打っている機種’が該当
現在トラック野朗がダントツで甘いと思いますが
過去記事 トラック野郎 その2
http://shinogushikanaui.seesaa.net/article/397588627.html
店廻り沢山しないと14・15回転しか出会えない
頑張って17回転くらいを見つけてフル攻略してください
できなければ電サポ中 インターバル止め
ボーナス中 1発入れて 3発ハンドル全開の
簡単手順でも期待値は稼げると思います
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ

posted by エルレボ at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコで勝つには | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

コメント返しA


コメントは記事にする場合もありますのでご了承願います

基本甘デジ、海以外打たないかんじでしょうか?
MAXも打つ機会があるのであれば、打つ条件
(時給計算¥25000以上など)聞いてみたいです。
甘デジ中心に収支出している方の
MAX機に対する考え方、興味深いです。


まずは月並みな答えですが
日当25000円あれば打ちますし、雨の日に
自宅から7km以内なら20000円あれば打ちます
甘デジ25000円 or マックス30000円
当然マックスを選択
オールジャンル打てる方と甘デジメインでは選択数が
変わってくるので当然期待値に差がでます
ミドルやマックスも打てるようになりたい
年末に書いた来年のノルマ
http://shinogushikanaui.seesaa.net/article/383970546.html

ミドル+マックスの稼動が1割以下になっている訳は
単純に釘読みの実力不足です

現在は等価化が進み甘デジの持ち玉比率が高いという
優位性は薄れ、しかもマックスのほうがパチ屋が釘を
調整する事が多い傾向があるので積極的に打つべきだと
頭では思ってます

純粋な釘読みの力が強いほどマックスなどを打てる
私のような釘読みが微妙なほど技術介入度の高い機種で
安全策をとる傾向がある
スペックや基礎ゲージを考慮した上で電チュー周りとスルー
だけ注意すれば期待値マイナスを打つことには殆どならない

しかし返し1・2が増えている事を考えると増やしに
依存した今のやり方は通用しなくなるかもしれない
釘読みの精度が今にも増して重要な時代の流れに
なるのではと危惧しているところです

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ
posted by エルレボ at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | コメント返し | 更新情報をチェックする

パチプロがよく打つ機種


ブログの右下に’最近打っている機種’を設置
上にある機種ほど打つ回数が多く、スペックを表す英語の
部分を初当たり確率の分母の数字にしました
少し前の機種も下に記載 随時更新
近い間にローテ台にする機種の特徴をアップ予定

パチプロのブログを見る時に私が最も欲しい
情報はプロが選択している機種
プロが打っている甘デジ=技術介入が高い可能性大
なるべく新台を触ろうと心掛けているけど
ローテ台が充実しているときは稼働優先で打つタイミングが
ない 後々甘い機種だったかと気がついたときには
大量の期待値を取りこぼしている

スロット時代のようにジグマスタイルだと
仲間ができて情報を得やすいけど
今のように数十キロ離れた地域まで
日替わりで稼働していると今後仲間はできそうにない
こういった部分をパチプロブログ読んで補う

ブログは犯行予告や恐喝など法に触れない限り
何書こうが個人の自由だけど
カテゴリー パチプロブログ
http://pachinko.blogmura.com/pachinko_pro/index.html
パチンコ日記と違って勝つために参考にしている人が
一定数いるパチプロカテでエンタメとしてのオカルト
ではなく勝つための手段として書いているのは残念に思う 
上級者はいいけど初心者は惑わされる人も・・・
はっきり言って上位10位のうち4つくらいは
勝つための視点からすれば間違った内容が多い
・○○リーチで外れたからヤメ時 
・履歴がよくないから打たない(羽モノ以外)
・オカマ掘られた(潜伏以外)のでショック
パチプロはこのようなことは言いません
パチンコは(※1)完全確率方式
※1 過去の抽選に影響されずに、一回一回が独立した抽選

勘や相性などを台選びの要素に入れずにいかに数値化して
考えられるかがパチプロとしての力だと思う

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ

posted by エルレボ at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコで勝つには | 更新情報をチェックする

無題


あらゆるプロには敬意の念を抱いてます
スポーツ選手は才能+努力の仕方が合っていた人達
専門職の方は自分は○○を仕事にして飯を
食っていくという覚悟がすばらしいと思います
私がプロと表現するのはおこがましいので、パチンコ
生活者と書いていましたがわかりやすいパチプロに変更

ブログを読み返すとつまらん表現
日常生活では角を立てない事が重要だったりするけど
落書き程度のブログ 大したものでもないのに無難すぎる・・・
自分の考え方を書くのがブログなんだから○○だという
言い切った表現にしようと思いはじめたわけです
書くのがいやになったり面倒になったら
サクッとやめればいい そんな事を最近考えていたら

スロジカルシンキングのすすめ様 とむげさんが
ブログの書き方で気をつけてた事
http://slogic.blog.jp/archives/38197060.html
手抜きですが私が思っていたことはほぼこの内容です(笑)

さて今後は時々悪口でも書こうかな
posted by エルレボ at 15:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。