2014年03月28日

釘を見る時の注意点


釘関係の記事は2つ目になります
1つ目は 釘の上げ下げを見分けるコツ
http://shinogushikanaui.seesaa.net/article/389547829.html

見る位置によって釘の印象が変わります
例として命釘がプラス調整の台を見た場合

立った位置から見ると少ししか開いてない台が
座った位置からだと大きく開いて見えると思います
釘の形のメモをとる際には同じ位置から見ないと誤差が
生じやすいので注意してください

これまでのまとめは
上げ下げは隣の台から見る
開き具合のメモは同じ位置から
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ


posted by エルレボ at 23:54 | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

釘の上げ下げを見分けるコツ


大阪では等価禁止で
現在28玉交換(3・57円)〜42玉交換
今後29玉交換(3・44円)〜44玉交換
になるようですが全国的には都市部を中心に等価化が
進み私の地域では90%くらいが等価店だと思います
だと思いますとはっきり言えないのは店に入って釘を
見て殆どの店では換金率が等価であろうが試し打ちも
できないくらいの釘調整なので店員に聞いていない


まずオーソドックスな等価店の釘とは
寄りを悪くして命釘の幅を広げて下げる調整
多くの店がこのような調整をしているということは
釘読みはできないけど釘を見る意識があるレベルの
打ち手を打たすにはこの調整がいいとホール側が
考えているということ

まず命釘について
命釘が平行以上かはわかりやすい
命釘まで玉が沢山来ているのに思ったほど回らない場合は
釘が下がっていて受けが悪い可能性が高い
広がっているかは見分けやすいけど上げ下げは
見分けにくいもの これにはコツがあって
隣の台から見ることです
隣の台から見ると上げ下げがはっきりと見えます
ジャンプ釘もこれで対応できると思います

道釘の手前(左側)を下げて奥(右側)を上げてその間に
落ちる調整については2本の釘の差なので見分けやすい
さらに2本の幅を広げているとマイナス調整


今後は消費増税に伴い換金率を下げる傾向に
なっていくと予想されています
パチンコ店としては千円で250玉買うと8%の
20玉分減らして230玉にするというのは
打ち手に印象が悪く難しい
換金率に対しては下げにくいが周りの店も一斉に
下げれば下げやすいと考えている
大阪のような地域全体の規制が望ましいと思います

ブログタイトルをクリックすると最新記事5つ表示されます
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ
にほんブログ村
posted by エルレボ at 22:47 | | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。