2014年04月04日

なぜパチ生活者が時給1200円を打ったのか?


現在消費税が8% 政府は状況を見ながらと言って
ますがおそらく来年は10%になります
パチンコ店が負担しきれずに等価→低換金に変わる
大阪のように地域全体で換金率を変える可能性も
そうなると数年前のように貯玉再プレーを活用する
機会が増加 都市部では8割9割が等価になり
等価店で貯玉あってもメリットがないので
すべて清算という方は多いと思います
パチ生活者の私でも3月時点では6店舗にしか
貯玉を持っていません 

家から近所の店は増税に伴い換金率4円→3円に変更
今日打った台は1K=23回転 出玉微増
持ち玉比率70% 通常時1800回転で計算すると
日当14500円 時給1208円

すごく安い 一般の方のバイトとしては悪くないけど
パチ生活者としては足りない しかし選択したのは続行 
理由は持ち玉比率を100%にすると時給約1700円
12時間で20500円です
これでも安いので第一候補にはなりませんが近所なので
雨の日やイベントで高時給台確保失敗時には保険台になる
再プレー用に貯玉確保したいという狙いがありました
来年以降は等価でない店が増えた場合、貯玉を作って
いくことが重要になります

持ち玉比率 

1/400 60%
1/300 70%
1/200 75%
1/100 80%

潜伏ありなしで実質初当たりは変わりますし
ラウンド・出玉・賞球も機種よって異なります
正確な数字ではありませんが目安としては
おおよそこれくらいです
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ



posted by エルレボ at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコで勝つには | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力] コメントは記事にする場合もありますのでご了承願います



この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。