2014年03月22日

ノリ打ち(スロット編)


ノリ打ち 複数人で収支を均等に分ける打ち方
スロット時代にはよくノリ打ちをしていました
パチンコノリ打ちは7年くらい前が最後
(まだスロットで稼いでいたとき)

スロットの場合は続行すべきが撤退するか
考え方が違うと対応が異なる
ノリ打ちするには信頼とスロットに対する
考え方が近いことが絶対条件になります
全員がスロット生活者だとしても続行撤退の
ラインは多少異なるので難しい面もあります


数年前4号機の秘宝伝全台5・6(割合は1:1)
という情報を掴み仲間2人と打ちに行くと
優良店の常連5人と鉢合わせした 
私以外の7人は地元仲間だが私は地元ではない
常連5人とは挨拶くらいはする知り合い程度の仲だった

ノリ打ちしないかと声をかけられ、この店の全台
5・6イベントは何度も行っていてガセではない
ことはわかっていたので立ち回りは関係なく
一応設定判別してあとは1Gでも多く回すだけ
人数が多いほど安定するからそれもありだなと思って
計8人でノリ打ちすることとなった

設定5 : 108.3% 設定6 : 112.1%
設定5・6が1:1だから1台あたりの機械割は110%ほど 
時間700回転計算で時給は4200円
 
しかし私の認識が甘かった
全台5・6であっても8台打てば当然マイナスの台もでてくる
設定判別の数値は悪くないが、3台がマイナス収支となった
常連5人組が出てない3台はやめようと言いだした
私は波派ではないので出ようが出まいが
続行すべきだと考えたが5人組という多数派が
撤退と考えたので従うことにした
仲間2人は私に謝ってきたがノリ打ちを
承諾した時点で決定権は人数分の1でしかない

持っている情報量
(優良店の情報、イベントの情報 スロット知識)
打ち手の立ち回りに差がある場合
波派とボーダー派など考え方が違う場合 
こういうことを考慮してノリ打ちしないと
トラブルの原因となるのでご注意を


消費税が8%になる影響で低換金化が予想されます
等価店に貯メダル・貯玉がある方は精算を

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ
にほんブログ村



posted by エルレボ at 22:01 | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。