2013年12月08日

打たない機種


パチンコで勝つには勝ちやすい機種を打つ事が
大事ですが、勝ちにくい機種を避ける事も重要です
今回は釘がよほど開かない限り打たない機種に
ついて スペックが辛い or 基礎ゲージが辛い
2パターン書きます

まずはスペックが辛い機種について
ぐるぐるパチンコシリーズなどボーダーが極端に高い台は
ボーダー+5でも期待値は少ない 
なかにはわかってないのか確信してやっているのか
18回転くらいに調節している店も存在しています

デジテンCR北斗の拳有情 
CRくるくるぱちんこ ダルマッシュ
デジテンCR獣王 ゴールドダルマッシュ 
新EX麻雀2など
例外は時間効率がいい機種(アレジンなど)

餃子の王将のようにボーダー1K=1〜1・1回転が
6回転回れば超お宝台ですがボーダー30が35回った
ところで期待値は少ない
調整ミスが起きにくい

スペックは普通ですが基礎ゲージが辛い 
CRAデラックス海物語withT‐ARA
かなり開かないと足りない


保留8について(シティーハンター・エヴァなど)
殆どの台は保留4 
保留3で止め打ちすることで他者との差をつけている 
保留8になると差がつかないので釘が開きにくくなる
駄目というよりは攻略要素が1つ減って若干不利
保留8の甘シティーハンターはよく打ってました


羽根物について
当たりやすく、1回のあたりで出玉が少ない羽根物は
出玉の多さで期待値が大きく変化する
 
家から近い大手チェーン店のトキオデラックスは
1R出玉45個くらいしか取れません
出玉が30%削られている極悪釘
よほど鳴かない限り勝てませんし、そもそも勝たせる気
があるなら出玉はもっとましな調整になるはず
スロットの辛い機種の設定1でも95%くらいは戻って
きますがパチンコの場合はえげつないです



posted by エルレボ at 00:12 | 日記 | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。