2013年12月05日

甘 リング


リング呪いの7日間 FPW
低確中 1/99・9 高確中 1/29・56
ST突入率100%(35回転) 連チャン率 70%
賞球 3&3&10&12 9カウント
実質ラウンド 0R 2R 5R 14R
小当り ヘソのみ75分の1
等価ボーダー 1R=96個 増減なし
17・9回転
トータル確率 1R=6・857


導入から2年以上経過しているので今さらと
いう気がしますが、止め打ちをしっかりやれば
非常に勝ちやすい機種なので書いてみます

私の地域では根強い人気
4台くらいで島になっていることが多い
若い方より5、60代の男性がよく打ってる印象

<釘読み>
技術介入が高い機種なので釘読みは右側を重視
止め打ちおすすめ手順は非常に簡単

スル−付近がプラスになっているかが重要
スルー真下がアタッカーなので出玉にも影響大
台の右側さえよければ回転率はボーダー付近でも充分
スルー上釘下がり&右向き 電チュー付近の釘に注意
左側は左上の入口を右向きにして回転率を下げる
釘調整をよく見かけます

<捻り打ち>
9カウントなので 8発入れて弱強2発でオーバー入賞狙い
<止め打ち>
開放はミドル×3回の1パターン  おすすめ手順は
1・2開放  開いたら2発
3開放    閉じたら2発
上級者はおすすめ手順+捻り

できなければ2回目開いて少したったら止め
3回目閉じたら打ち出し再開

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ



posted by エルレボ at 13:55 | 機種攻略 | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。